企業防衛・リスク管理について

情報化施工に求められるものは、業務の効率化やコストの削減は当然のこととして、今や安全や品質の確保の先にある「リスク管理」や「企業防衛」にまで及んでいると考えています。 過去には官製談合に代表される、ある種の商習慣によって建設業全体の保護や発展が図られた時代もありましたが、これからは企業が個々に技術力や提案力を磨き、それを社会に還元していくことこそが、厳しい競争の時代を勝ち抜いていく唯一の方策となりつつあります。 当社はこれまで、保安材や安全用品を通じて建設業界の安全・品質確保に微力ながらも貢献してきたと自負しておりますが、ここでは今後の企業防衛やリスク管理に関する、当社の基本的な考え方をご紹介いたします。

「現場の安全対策」から「会社全体のリスクヘッジ」へ
これからの時代、いかにして現場の事故を未然に防ぐかということだけではなく、もし万一の事態が起きてしまったときに、会社としてどのような対処をしていくべきかということまで、リスクヘッジしていくことが重要だといえます。情報化施工の真の狙いは、そこにあるのかもしれません。

安全・品質の管理

技術提案例

創意工夫のポイント

仙台銘板商品紹介

2012/09/19

[新商品]「ネオバンパーキャップ」を追加しました。

これで安心!単管バリケードの安全対策

2012/09/19

[新商品]「ネオサイン遠隔切替装置」を追加しました。

インターネットから表示文字の切り替え・操作が可能。

2009/10/10

[新商品]「シカガード」が地区限定で新登場!

大人気のアニマルガード・シリーズに「シカガード」が仲間入り!
※関西・中国地区限定商品です。

ご質問・お問い合わせ