施工計画

動画の読み込みに失敗しました。ページの再読み込みを行うか、こちらの動画紹介ページをご覧ください。

施工計画とは発注者への「公的な約束事項」であり、企業選定の基礎となる重要な技術文書となります。

企業の技術力が判断される資料となり、工事の作業工程・品質・施工上の課題配慮事項について現場の条件・環境を考慮した工夫のある説明が求められています。

施工計画を作成するにあたり、施工対象の本質や現場条件ををよく理解し、現場での予測される問題・課題の具体的対策と創意工夫をする力であり、高度な技術は求められません。

適切な施工手順と安全管理に対する姿勢、環境対策や地域貢献など社会的条件への配慮がなされており、関係機関への計画届出が適切に行われているかといった点が評価につながります。

施工計画には工程管理、品質管理、自然条件や制約となる事柄の記述を行い、社会的な要求である環境対策などを計画に盛り込むことが必要です。

一つの問題に対して様々な対処手段を知ることで施工計画の発想に幅ができ、現状の把握や創意工夫に役立ちます。

さらに、一人に施工計画を任せず複数で調査・検討・計画を行うことで、多くの知恵を集め結果に反映させることができます。

弊社のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されている現場ロイドサービスで、モバイル技術やクラウド技術といった最新技術を使用し、お客様の情報化施工をサポートいたします。

ご注文・お問い合わせは、最寄の営業所へご連絡ください。 営業所案内はこちら
ほかの情報化施工キーワードを確認する

安全・品質の管理

仙台銘板公式サイトメニュー