GPSを使ったダンプ運行管理システム

GPS機能付きドライブレコーダーをダンプに搭載し、衛星即位にて位置情報・運行状況・走行ルート等をインターネットを介して遠隔地からほぼリアルタイムで把握できるシステムです。

クラウド・アイ紹介VTR
システム概要図
選べる2プラン

用途・目的

GPS端末を用いた、工事車両の運行管理

ダンプ等の工事用車両の運行管理は、従来各要所ポイントに人員を配置し、目視での確認をおこなっていました。

本技術では、本製品を車両に搭載するだけでGPS衛星から位置情報を取得しサーバーへ送信し、運行状況をほぼリアルタイムで把握することができます。人員を配置する必要がないので安全対策にもなり、コスト削減効果も生まれます。

インターネットが繋がる場所であればいつでも運行状況を把握することができます。

規定運行ルートの徹底や交通安全対策にも寄与

クラウドアイ™本体にはアラート機能が内蔵されており、あらかじめ指定された地点を自動的に識別し、運転手にブザー音や文字メッセージで情報を通知することができます。

これにより、例えば運行ルートを外れた場合や、スクールゾーンに進入した場合など、必要に応じて適切な指示・情報を発信し、規定ルートへの回帰やスピードダウンなどを促して、作業効率や安全意識の向上に結びつけることが可能です。

すべてのデータはインターネット上の専用ページ内に履歴として一元的に記録・管理されているため、万一の事態が生じたときにも適切な対処につなげることができます。

≫ 履歴管理の重要性について ≪

ご注文・お問い合わせは、最寄の営業所へご連絡ください。 営業所案内はこちら

使い方・設置方法

GPS端末「クラウドアイ」を、管理対象となる車両のフロントガラスに吸盤で貼り付け、シガーライターソケットから電源を供給します。

運転手の視界の妨げにならぬよう、取り付け位置にはご注意ください。

必要機器・概算費用

機器名等 概算費用
クラウドアイ 詳細は最寄の営業所へお問い合わせください
通信料 詳細は最寄の営業所へお問い合わせください
ご注文・お問い合わせは、最寄の営業所へご連絡ください。 営業所案内はこちら

安全・品質の管理

仙台銘板公式サイトメニュー