熱中症対策システム

熱中症指標の国際規格「WBGT」をリアルタイムに計測・記録し、危険水準に達した段階で即座にパトランプを鳴動させ、作業員の安全確保に寄与するシステムです。

熱中症対策システム紹介VTR

用途・目的

施工期間を通じて常に熱中症指標を計測・記録し、非常時に備える

最近の天気予報は精度が非常に上がり、気温や湿度の推移は、事前にほぼ把握することができるようになってきました。

また、過去の天気情報は、気象庁のページから詳細を知ることもできます。

しかし、実際の工事現場で、気温や湿度がどのように推移したかは、現地で計測し、記録するしかありません。

天気予報・天気情報のほとんどは、都市部のある1点を計測したにすぎず、アスファルトや鉄板の強烈な照り返しがある、現場の特殊な環境下を反映したものではないのです。

熱中症事故をゼロにするには、やはり現場での計測・記録が不可欠となります。

熱中症指標が基準値を超えた場合、すみやかに警告し、危険を周知する

気温や湿度の上昇度合いは、当然ながら一定ではありません。

例えば、最初の30分間で気温が0.2℃しか上昇しなかったとしても、次の30分間では、一気に3℃以上上がったりするような場合もあります。

すなわち、機械的に「30分ごとに休憩」とするだけでは、熱中症の発生を十分には防げないのです。

そのため、熱中症指標が危険水準に達した段階で、即座に警報を発する仕組みが重要となってきます。

万一事故が起きた場合に、検証可能な体制を整える

しかし、それでも事故を100%防げるとは限りません。体調には個人差があるためです。

万一事故が起こってしまった際、守らなければならないのは、何も患者の生命だけとは限りません。

現場全体を守り、仕事を守るという局面にも対処しなければなりません。

そこで最大限の善後策として活用できるのが、当社システムならではの特徴である「リアルタイム計測」と「履歴の管理」です。

≫ 続きを読む ≪

ご注文・お問い合わせは、最寄の営業所へご連絡ください。 営業所案内はこちら

使い方・設置方法

現場のもっとも日差しや照り返しの強い場所を選定し、当社専用の湿球黒球温度計を設置します。

当社の湿球黒球温度計には「クラウドロガー」が内蔵されており、AC100Vに接続するだけで利用できるようになっています(現場によってはシステム側での微調整が必要な場合あり)。

現場が広範にわたり、複数箇所での現場作業が同時進行する場合は、複数台の導入をお勧めいたします。

三脚による設置のほか、単管にクランプで抱き合わせて設置することもできます。

必要機器・概算費用

機器名等 概算費用
湿球黒球温度計 詳細は最寄の営業所へお問い合わせください
クラウドロガー 詳細は最寄の営業所へお問い合わせください
通信料 詳細は最寄の営業所へお問い合わせください
ご注文・お問い合わせは、最寄の営業所へご連絡ください。 営業所案内はこちら

安全・品質の管理

仙台銘板公式サイトメニュー